前のページに戻る

6000系・6500系の導入について

2020年10月12日
画像

導入概要

1995年から導入された950系の置き換え車両として、6000・6500系を2021年3月13日のダイヤ改正で投入します。地下鉄南北線の直通運転にも導入され、従来の車両よりも15%も消費電力量を下げられます。 デザインは、よりシンプルでかつ今までのデザインの集大成的なデザインを採用しており、車内では暖色系の色を採用した居心地がよくやわらかいデザインを採用しております。 また、当形式導入後には、地下鉄南北線においてのホームドアへの設置も予定しております。車内設備として、各車両の車端部には車椅子・ベビーカースペースを設けており、バリアフリーへの考慮しております。


6000系・6500系

画像

画像



※6000系 概要

軌間幅:1067mm(狭軌)
設計最高運転速度:130km/h/s
営業最高運転速度:120km/h/s
起動加速度:3.5km/h/s
常用非常用減速度:5.0km/h/s
制御装置:VVVFインバータ制御フルSIC-MOSFET素子
主電動機:かご形三相誘導電動機
主電動機出力:190kW
保安装置:大都式ATC(D-ATC)
車内重量:23.2~32.5t
ブレーキ方式:回生ブレーキ共用電気指令式ブレーキ
台車:大都式軸梁式ボルスタレス台車
駆動方式:TD平行カルダン駆動方式
電気方式:直流1500V・交流25000V(50/60Hz)(6500系は直流のみ)
規格:Sustina(総合車両製作所) + Futuristic Technology(開発鉄道車輌)
車体:第5世代ステンレス車体
製造:総合車両製作所・開発鉄道車輌