前のページに戻る

大都市総合開発鉄道5周年発表

2019年8月14日
画像

大都市総合開発鉄道は2014年8月14日に設立してから、今日をもって5周年を迎えました・・・

うごくメモ帳の日本開発鉄道・・・うごくメモ帳3Dでの大都市総合開発鉄道の設立・・・・

去年の春にはWebでの公開を始めました・・・

2020年、今後の未来に向けて~

大都市総合開発鉄道は改革を進めて行きます!

あっ HPのデザインの変更(移転の検討)もするので、徐々に変わっていく大都市総合開発鉄道をご覧あれ~

by NegitukaiTNB




姉妹提携

◇東京都心グループさんとの姉妹協定締結について
2019年8月1日から大都市総合開発鉄道は、東京都心グループさんと姉妹協定を締結しました。両社は今後業務提携や、共同企画の実施を構想しております。宜しくお願いします。


画像


車両について

◇37000系電車の導入
・35000系をベースで35000系との併結も可能
・0.5M方式に機器配置を変更、奇数編成を組成可能へ
・ビジネス兼空港アクセス客など多目的用途に利用可能
・2020年度初旬に3両編成3本を導入予定
・愛称はゆきかぜ[雪風/YUKIKAZE]
ー名前の由来はーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・陽炎型駆逐艦「雪風」から
※度々な奇跡を呼び太平洋・大東亜戦争後にも陽炎型で唯一生き残った。戦後は、中華民国(台湾)に譲渡されたが大和や三笠に続く人気度を誇る。
・雪にように静かに快適な環境に風にように走り、乗った人が雪風みたいな奇跡がおきてほしいという意味を込めて・・・



画像


◇コンセプトアッププロジェクト
大都市総合開発鉄道のイメージをアップするために2020年ダイヤ改正後から塗装変更を実行します。
変更後の塗装(仮)については画像をご閲覧ください。
※また、コンセプトアッププロジェクトの詳細については続報をお待ち下さい。
ご意見やアドバイスがあればツイッター(@TNBi01osp)にてお願いします。



画像
◇5000・5500系3次車の仕様変更

・今年の秋以降にそれぞれ10両編成x3本を導入する予定です。

これまでの車両の異なる改良点

・側面の行先方向幕を試験的にフルカラーLEDから有機ELへ変更します。

・ドア上のLCDを3画面化し、より見やすくします。

・フリースペースにコンセント(100V/100Wまで対応)を2個とUSBポート(QC3.0対応)を2個設置します。



画像




◇2030年度までに一部路線を除き、20m車両に統一します。

◇2022年度に新型通勤型L/Cカーを導入します。

1995年から導入した950系を置き換えます。それにより大幅なサービス提供の改善及び、車両整備におけるコスト削減を行います。5000系列をベースとした車両となる予定です。

※それにより平均車齢が20年未満になります。




特急について

◇特急の改善
2019年9月1日のダイヤ改正で
以下の特急を見直しにより変更します。


・時雨   渋谷~弌歌原  ※運転区間延長・名称変更
・草紅葉  いの空港~短崎温泉 ※運転区間維持
・保登/橘  いの~橘・立花~小路町(保登)/日手保(橘)
・つるぎ  東京~桑津/誌度 ※運転区間延長
・清龍   林間~立石   ※運転区間維持・名称変更
・紅魔   三原支田~はてな崎 ※運転区間維持

※玉猫線の特急(μARIA)は臨時化します。
※関東支社の特急のうち、東京都心急行電鉄大横線に直通する「横浜むさしの」は、2019年8月31日でのダイヤ改正で湘南台まで延長運転される予定です。
※「川椿」は「つばさ」に名称変更します。
※それ以外の関東支社特急は運転区間維持となります。
※豊尾支社の堤線特急も2020年ダイヤ改正後、愛称を命名する予定です。



画像




◇特急でのサービス改善について
・特急乗車サービス
乗車時間が1時間を超えるお客様には以下のサービスを切符を提示の上カフェテリアで無料で提供できます。
 ・カフェオレ   +キットカット
 ・カプチーノ   +キットカット
 ・アイスコーヒー +キットカット
 ・ホットコーヒー +キットカット

※1セットのみ提供 2019年9月1日から提供開始
・カフェテラス(車内販売)のメニューをホームページにて公開します。
また、意見などを取り入れて、メニューの改善や変更も行きます。

・カフェテラスが提供されてかされていないかのご案内もWebにて公開します。


◇既存特急型車両における愛称命名について

今まで導入してきた特急型車両について、利用者の方々にも馴染めるように、2020年のダイヤ改正までに愛称とロゴを作成します。

◇特急名によって運用車両の明確化/塗装変更

・今まで、混在しておりました各特急の運用車両については、来年のダイヤ改正後には、各特急名ごとに運用車を決め、よりスムーズな乗車、より明確なサービスの提供をいたします。

・特急名がない特急は2019年9月1日を持って廃止します。

・コンセプトアッププロジェクトの一貫として、2020年度に向けて塗装変更も検討しております。






フリーきっぷについて

◇フリーきっぷ発売について

2019年9月1日からフリーきっぷを販売します。第一弾として関東支社における観光スポットでの切符を発売させていただきます。
販売場所は、大都鉄道線駅構内の販売機・駅窓口にて販売しております。購入は当日でも可能です。



 □秩父・青梅 おでかけきっぷ

 ・武蔵本線(秩父~東青梅間)乗り放題

 ・多摩本線(東青梅~渋谷間)往復

  値段:3000円(大人)・2000円(子供) ※2日間有効

  ●これらの中から好きな施設の入場券を4枚お選びできます。

  ・昭和幻燈館
  ・青梅鉄道公園
  ・武甲山資料館
  ・秩父三大氷柱
  ・ちちぶ銘仙館
  ・秩父まつり会館
  ・青梅市立美術館
  ・青梅赤塚不二夫会館
  ・横瀬町 歴史民俗資料館

  ●周辺施設 ※無料施設/公共施設/商業施設

  ・姿の池
  ・三峯神社
  ・秩父神社
  ・勝沼城跡
  ・牧水の滝
  ・羊山公園
  ・龍崖山城跡
  ・秩父今宮神社
  ・秩父御嶽神社
  ・武甲山御嶽神社
  ・青梅市 郷土博物館
  ・秩父ミューズパーク

※追加で特急料金を払えば、「横浜むさしの/むさしの」に乗車できます。


画像









□たまフォレストきっぷ
 ・八王子市営地下鉄乗り放題
 ・津久井湖線全線・多摩本線(橋本~多摩センター間)乗り放題
 ・多摩本線(多摩センター~渋谷間)往復運賃あり
  値段:3000円(大人)・2000円(子供) ※2日間有効

  ●これらの中から好きな施設の入場券をお選びできます。

  ・多摩動物公園
  ・東京富士美術館+多摩美術大学美術館
  ・さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト
  ・高尾山リフト・ケーブルカー往復+TAKAO 599 MUSEUM
  ・八王子市夢美術館+コニカミノルタ サイエンスドーム

  ●以下の施設の割引

  ・サンリオピューロランド -1000円引

  ●周辺施設 ※無料施設/公共施設/商業施設

  ・滝山城跡
  ・長山公園
  ・高幡不動
  ・八王子城跡
  ・高尾山薬王院
  ・片倉城跡公園
  ・平山城址公園
  ・県立相模湖公園
  ・県立津久井湖城山公園
  ・高尾ビジターセンター
  ・日野自動車 21世紀センター
  ・東京都埋蔵文化財センター

  ・三井アウトレットパーク 多摩南大沢
 ※追加で特急料金を払えば、「相模/つばさ/淡雪」に乗車できます。


画像











コミックマーケットC97・98
東京オリンピック
東京パラリンピックに向けて


コミックマーケットC97・C98に行い、有明に5時以前に到着する臨時特急の運転を1本/(特急/各日)予定しております。

2019年12月28日~31日、2020年5月2日~5日を予定しております。

・弌歌原/立石~いの~ビックサイト(こみけしぐれ)
・詩位/小路町~いの~ビックサイト(こみけつるぎ)
・川越~大宮~渋谷~ビックサイト(こみけひより)
・橋本~渋谷~ビックサイト(こみけさがみ)
・東青梅~所沢~渋谷~ビックサイト(こみけむさしの)
東京五輪に行い、2020年7月23日から9月6日にかけて、以下の臨時特急を運行します。

・いの空港~羽田空港~ビックサイト(エアポートピック)
・川越~大宮~渋谷~ビックサイト~東京 (五輪)
・橋本~渋谷~ビックサイト~東京 (多磨灯れ火)
・東京~ビックサイト~湾岸幕張 (パラリンメッセ)

2020年における普通列車での増発についての情報は、2020年3月ダイヤ改正のお知らせにて発表します。
また、会場に近い駅でのサービスにおける変更などもございますので、今後の情報をご注視ください。



画像






画像